そこなしバケツに向かって何を叫ぶ???

言い捨て御免のつぶやき日記です。聞き流してやってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日です。

昨日は1日、お掃除をして過ごしました。普段からきれいにしておけばいいんだけど、なかなか・・・。やっと障子はりもできて、気持ちよく新年が迎えられそうです。

 今日はこれから主人の実家へ。古い家だから寒いのよねえ・・・ブツブツ。

 ここを訪問してくださった方々、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

今日はのんびり~。

午前中に美容院でヘナ染め。お昼は今日から冬休みの娘と一緒にイタリアンレストランのランチを食べて、そのあと、正月用品のお買い物。
帰宅後はDVD。「いつか晴れた日に」をみてのんびり過ごしました。
19世紀イギリスの、なんともゆったりした恋愛模様が楽しい作品です。

 イギリス中流階級家庭の生活が描かれているのですが「こんなに貧乏になってしまって」と言ってもちゃんとメイドさんを使っているし
「こんなコテージ」も日本の家よりずっと広い。
 そして「女は仕事はしてはいけない」決まりのようで、お互いに招待したりされたりでパーティやらピクニックやらで過ごす日々。優雅そうに見えるけど、お金がなくても仕事をするわけにはいかないから、必死の倹約、持参金無しでは結婚もままならぬ、いかにうまくお金持ちの男性をGETするかで、この時代の女性の価値は決まったのだろうかなんて思います。

 大好きなヒューグランドもでていて、久しぶりにどっぷり映画の世界につかることができました。

さて、気合入れて、夕飯作り~。

 

 

バランスが

崩れてきました。仕事と生活、気持ちのバランス。
 とりあえず、今年中に片付けなければならない書類仕事は日曜日で終了。肩の荷が下りてホッとしたのは良いけれど、今度は逆に
「明日はお客さんが少ないから休んでください」と言われてプッツン!

だって、仕事を終えて帰宅して午後7時の電話一本で
「明日はこなくていいから」なんていわれてニコニコできますか?
って電話口では「はーい、わかりました」とニコニコ答えちゃったけど。

 次の仕事を探しに今からハローワークへ行ってきます。
ああ、年末の忙しい時期に我ながら何してるのでしょうね。

お休みなのに

仕事です。
それも半分ボランティア。
仕事しすぎたよね、自分。
ダンナは「お金にならないことばかり・・・」と嘆かれて。

 確かにここ一年間に私の資格取得、勉強のためにかなりのお金を使ってしまいました。それがきちんと仕事につながっているかというと???なのも確か。私的には自分のこやしになることだからと満足なのだけど
経済効率わるすぎかしら。

 今取得中の資格もゴールが見えてきたので、次は「〇〇にしようかな」とつぶやいたら「お金にならないことはもういい」と力なく言われてしまいました。でも、今度のは受験料とテキスト代ぐらいですむからさ。

 来年こそ、フルタイムのお仕事GETしなくちゃまずいかな・・・。

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。お昼に実家の両親と妹夫婦を招待してクリスマスパーティです。
 メニューは何故か「すき焼き」。大人数の時は鍋がらくだもの。

あと、マカロニサラダ、ダイコンサラダ、スモークサーモンのマリネ。そしてケーキにワイン。

 用意はほぼ済みました。後は食べて飲むだけです~。

引き受けちゃいました。

中学校の地区役員です。
断れないんですよね、できない理由は特にないし。

 「いやだ」という気持ちだけで断ることができる人もいるらしいけど、私には無理。せめて、大役がつかないように祈ります。

寒い1日

12月になってから寒い寒い日が続いています。
雪の日も多く、今日、日曜日はリビングのワックスがけの予定だったのに、あまりの寒さに中止。だって、予想最高気温がマイナス3度。
最低気温じゃなくて最高気温だもの、こたつから離れる気になりません。

 今日はのんびり年賀状でも作ります。

片付け

今年も余すところあと半月。ぼちぼち片付けなどはじめてまして、子ども部屋から出た大量の雑誌、ノート類をようやくまとめあげました。

 さすがに小学校の教科書はいらないだろうと処分。
ノートの類もひたすら処分。しかし、悩むのが「日記帳」「作文」です。
これは処分しづらい。

 ばらばらめくっていると、ああ、あんなこともあったっけ。こんなこともあったっけと懐かしさの波に飲み込まれてしまいます。子どもの成長記録でもあり、これを処分するのは名あ・・・とついつい保管。

 国語の教科書。これもなかなか良いお話がのっているわけで
ヒマな時に読み返してみようかと一応保存。

 中学校の地理、歴史。
これは私の教養を磨くための教科書として。
いまさら、社会科の勉強をしっかりするつもりはありませんが、中学レベルの知識すらどこかへ置き忘れてきてしまったので、取り戻しておくのも良いかなと。簡潔にまとまっているので、便利です。

 音楽。どうも楽譜類を捨てるのがもったいなくて。
余興で合奏やるときなんかに使えそうだし。

 と、結局残すものも多くなってしまいました。
だから片付かないのよね。

 今日は古紙の回収日。ちょっと家の中が広くなります。嬉しいな。

クリスマス

金曜日の夕方、早めに帰宅した娘に手伝ってもらって、クリスマスの飾り付けをしました。
 メインは180センチの大型ツリーです。
デコレーションは買ったもの、作ったもの、もらったもの、何でも付けられるものはみんなつけちゃう。
 ツリーのほかは自作のパッチワークやリース、クリスマス小物各種。

 娘に「また作るの」とか「また買ったの」とかあきれられながらも
毎年少しずつ増やすのが楽しみなの。
 今年はシンプルなサンタ人形を制作。雑誌にでていたもので
「輪投げ」の的にできるものです。

 残念ながら、輪投げして喜ぶ年齢のこどもはいなくなっちゃったけど・・・。santa

休みもほどほどが

よいかなと。

 今週、来週は月曜日しか仕事に行きません。
木曜日の今日、それなりにやるべきこともしたし
DVDなどのんびりみてそれなりに楽しく過ごしたのですが
夕方ちょっち、欝気味になりました。
 休むことに不安を覚えてしまったというか。

 アメリカの心理学者、マズローの「欲求の階層」によりますと
人間の欲求は5段階のピラミッド型になっていまして
底辺から「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛情の欲求」
「自尊欲求」「自己実現欲求」
となっているそうな。
 でもって、今回私が不安感を抱いたのは真ん中の
「所属と愛場」のあたりかと思います。

 人間は誰しも、どこかに所属したいと感じるものです。
そこを超越して平穏な気持ちを保てるとしたらその人は
「悟りを開いた」高次の精神状態を獲得したといえるのではと思います。

 平凡且つ小心者の私にとって、そのような境地にたどり着くのはまだまだ先の話・・・と言うか、生きてる内にたどり着くことははないかもなんて思ったりする。

 子どもに手がかかるうちはこどもが一番でした。母親であること、家庭にいることが自分の所属であり、愛情である。

 ところが。子どもが大きくなるとなんだかエネルギーが余ってくるのですね。そのエネルギーをどこに持っていったらよいのか。でとりあえず、パート仕事なんか始めてみたりする。そこが新たな「場所」になったりする。

 ところが、ぼーーーっとはじめたパート仕事が「自尊欲求」や「自己実現」に結びつくとは限らない。実際、こんなに休んでもかまわない=自分は別にいてもいなくてもかまわない・・・ということに気がついてしまう。この辺が今回の「うつ」の原因かと思います。

 もともと、仕事なんてその程度のものだとは思ってました。
それにもかかわらず、実際、仕事をしないことにここまで不安感を感じてしまった自分にびっくりしてます。

 こんなこと考えたり、ネットに書き込みできるのも要するにヒマでエネルギーがあまり気味のおかげなのですけどね。
忙しいときは考えるヒマもなく生活に追われて大変、でも、ある意味精神的に楽・・・というか、忙しさで精神的苦痛がマヒしてるのかも。
 暇な時は心身ともに楽なはず・・・なんですが、余計なことまで考えてしまって逆に苦しい部分も出てきてしまう。

世の中には命の危険と隣り合わせの国がたくさんあるというのに
こんなこと考えていられる日本はまだまだ「平和」なんでしょうね。
というか、私の頭の中身がお気楽なのかな。
 明日もあさっても、その次の日も予定なし。
うーーーん、こんな生活、ホントに許されるんでしょうか???


 

こどもを守るって?

悲惨な事件が続いている最近。
親としてどうすれば子供を守れるんだろうかと悩みます。

 通学路の安全なんて言葉で言うのは簡単ですが、たとえ、集団下校をしたからといって、全員が家の玄関まで必ず誰かと一緒にいられるかといえば、そんなことはありえない。どこかで分かれ道があり、一人になる時間、空間があるのです。

 それを防ぐには今のところ親の送迎しかないのではと思う。
うちの辺でも親が送迎している家庭は多くなってきています。
でも、全員がそれを出来るわけではない。今時の母は「仕事」している場合が多いのです。保育園ならとにかく、子どもが中学にもなって
「お迎えがあるので、早く帰ります~」とか「ちょっと抜けさせてください~」なんてこと、気持ちよく言える職場ってどの程度あるのでしょうか。

 前回のクラス懇談で、「親が迎えにこられる時間まで学校にいさせてもらうわけにはいかないのでしょうか」
という話が出ました。つまり、保育園状態です。
こどもを一人が帰さないためにはそれが一番かなということで。
 先生も前向きに考えてくださり、すぐには難しいだろうけど
話し合ってみるし、あちこちから声が上がれば不可能ではないと思うとのことでした。うちの市でも以前から不審者情報が上がっているのです。今のところ、大事件はおこっていないけれども、絶対に起きないとは言い切れない。起きてしまってからでは遅いのです。

 本当は自力での登下校が基本なのは承知の上です。
人生には危険はつきもので、こどものうちから経験を重ねて、危険回避、危険への対処方法を学ばなければ、一人前の大人にはなれないと思う。でも、あまりに理不尽な理由で、人生が断ち切られてしまうのは
本人にとっても家族にとっても耐え難いこと。
「運がなかった」では済まされません。
過保護はいけないと思いつつ、過保護にならざるを得ない状況になってしまっている。

 この物騒な世の中、何とかならないんでしょうか。ふーー。

ヒマなんだか、忙しいんだか

今週と来週、仕事に行くのは月曜日だけ。
いやーーー仕事忘れちゃうよとか、こっちも忘れられちゃうよとか
いろいろ心配しながらも、マ、いいか、のんびりしちゃおう・・・
なんて思ったのですが、のんびりしてる場合ではなかった。
 仕事もないのに、スケジュールはいっぱいです。
個別懇談二人分、自分の実習が4日間。病院の予約が一件に娘のインフルエンザの予防注射。車の車検に友達とのランチ。

 今日の午後は公的機関の見学会です。
内容はいってみてのお楽しみ。
でも、あとでレポート提出しなくちゃなりません。
なんだか学生気分です。

打楽器サークル

昨日の夜は打楽器サークルの練習日。
寒い寒い日でしたが根性出していってきました。

 最初は何がなんやら・・・でしたが、合わせを始めたら
とたんにおもしろくなってきました。メロディーのないリズムだけの合奏というのは初めての経験ですが、なんだかはまりそう。

 先生が自分の楽器をいろいろ持ってきてくださって
それを借りて演奏している状態なので、そのうち何か
自分の楽器をとは思うのですが、さて、打楽器といっても
何を買ったら良いのだろう。
 
 アンサンブルなので他の人との兼ね合いもあるし
管楽器のように何か一つの楽器に決めてしまうというのも
つまらない。打楽器は持ちかえが当たり前なので
あれもこれも欲しくなってしまいます。

 今流行っているのが「ジャンベ」という民族楽器だろうで
確かにおもしろい楽器です。音も良いし。
先生の紹介なら良いものが安く買えるというのですが
何しろ、音楽専門家の「安い」は主婦レベルの「安い」とは違うのよね。

 自分へのボーナス兼クリスマスプレゼントにかっちゃおうなんて
思ったりもするけれど、みんなして「ジャンベ」ばかりもってても
仕方ないし。

 来月の練習日は1月下旬。まあ、ぼちぼち悩んでみようかと
思っています。
 

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。