そこなしバケツに向かって何を叫ぶ???

言い捨て御免のつぶやき日記です。聞き流してやってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解放感

軽い気持ちで引き受けてしまったちょっとした内職をやっと終わらせました。ほっ。
 データ入力のお仕事だったので肩こったよ~。

これで明日は安心して庭の手入れに専念できます。
お天気はどうかしら。

 でも、来週からはまた、日曜日にお勉強に出かける予定。
私の忙しい日々はまだまだ続くのでした。
スポンサーサイト

疲れたので

久しぶりにビアノなど弾いてみました。もともとたいした腕ではなかったし、ビアノに触ることもほとんどなかったこの○○年。
 運指練習用の曲から弾いてみましたら、けっこう手が覚えています。
でも、指がままやいてしまって、キレイなリズムはきざめません。
 やはり、練習、練習、その積み重ねが必要なのね。

簡単な曲は良いけれど、ちょっとややこしくなると、楽譜の読み取りが出来ません。目から脳、脳から指への指令が遅すぎる。昔、見ただけで指が勝手に動いたのは何故だったのだろう。目と指が直結していたわけではないと思うんだけど。

 何か一曲すらすら弾ける曲があればいいかなと
今度はビアノの練習にもとりかかります。。。忙しすぎ。

残念

昨日の試合、負けちゃいました。甲子園出場ならず。
がんばったそうなのですが8対6。
今年はチャンスだと思ったんだけどな。

 そして、今日は雨です。娘は午後帰宅予定なのですが、この雨の中、無事に下山できるのでしょうか。心配~。

夏らしく

先ほども書きましたが、娘は山登りに行きました。
そして息子は野球の応援。双方とも学校関係ではありますが
何だか夏の行楽っぽい。うーーーん、夏! ですね。

 さて、今日の試合、実は決勝戦です。これに勝てば
甲子園
なのです。気合入る~。

 昨日の準決勝を私はテレビでみてたのですが、すごい試合でした。
相手校は打線が素晴らしく、打つこと打つこと。7回までに4点を取られてしまって、はっきり言ってもうだめだと思ったのでした。
 しかし、8回で同点に、延長で勝ち越し、そして勝利。

 双方の選手たち、素晴らしかったです。
点を取っても取られてもう落ち着きを保ち、淡々と試合を進めていく様は「これが高校生?」と思ってしまうほどで
テレビの画面からも彼らの精神力が伝わってくるようでした。
ほとんどエラーもなく、ナイスプレーの連続。
 これが、練習に練習を重ねたからこそ身に付いた、確かな技術と自信なのでしょう。高校生でこれだけの精神力を身につけることが出来たなら、今後、何があっても乗り越えていけそうな、そんな気がします。
 やっぱりいいね、高校野球。

 別にスポーツに限らなくてよいから、何か自分の好きなことを見つけて、それにうちこむ楽しさ、苦しさをこどもたちにも味わって欲しいなあ。

登山

 中二の娘が八ケ岳登山に出かけました。学校行事のひとつです。
一泊二日で標高2760メートルの硫黄岳に登ります。
 家から見えるお山は雲に隠れているけれど、道に迷わず登れるかしら。最近のこどもは車で動くことが多いので、体力が持つかどうかも心配だし、明日の無事な帰りを心から祈る母なのでした。

 しかし今朝は大変でした。何しろ集合時間が午前4時50分。
それまでにお弁当を作って学校まで送らなくてはならないので、
私は3時半起き。お弁当といっても、簡単で食べきれる量をということで、おにぎりにキュウリの浅漬け、ミニトマト、チーズという簡単なもの。なのに、おにぎりにノリを巻こうとしたら、なんと、うちのノリ、賞味期限が一年前に切れてました。うわーーーー!

自分のおにぎりならつかっちゃったかもしれないけれど、こどもの、それも登山へ行く子のおにぎりに賞味期限切れのノリを使うのはさすがに心配だったので、午前4時に近くのコンビニへ・・・。ちゃんと売ってました。ありがたやーーー。
「開いてて良かった」なんてフレーズを思い出しながら、おにぎり完成。無事、娘を時間どうり送り出すことが出来たのでした。

 さてと、賞味期限切れのノリ、どうしよう???
佃煮にでもすれば食べられるのかなあ。

生命力

日曜日ですが、職場の花壇の水やりに行ってきました。
土日にかけてまったく水遣り無しでは、今の季節はきつい!です。

 普段は忙しくてのんびり花壇を眺める余裕もないのですが
今日は休日。ボーーーっと眺めていた時、意外なものを発見。
マリーゴールドの子苗がひとかたまり、できてました。あれっ?

そして、思い出しました。マリーゴールドの花は土壌改良に役立つと聞いて、プランター植えのマリーゴールドのはながらをその辺にまいておいたっけ。それが自然に発芽して育っていたのね。

 いっしょうけんめい種を蒔いても失敗することだって珍しくないのになんて、けなげな。というか自然の力ってすごいな。
 
 込み合っていたので、間隔をあけて植えなおしておきました。
元気に育ってね~。
 

突然、活動開始。

活動停止してたのはここ2,3日です。どうも心が沈んで悲しい気持ちが先立ってしまって、思考停止してました。試験が終わった気の緩みか、燃え尽き症候群の軽いヤツか、とにかく、自分に自信がもてなくて、今の生活に満足できなくて、鬱々としてしまってました。

 でも、回復が早いのが私のとりえです。
考えていても始まらない!と明日、某講座の無料説明会に参加することにしました。実のところ、今回はじめようかと思っている講座は、私にとっても周りにとっても「いまさら?」という種類のものです。
 はっきりいってただのお金の無駄遣いかも。
ダンナに「資格貧乏」と言われるだろうな。
でも、「今の私には必要だ」と私の心が感じているのです。

 今の仕事の一か月分の給料を投資すればOKと思えば、安いもの・・・ではないけれど、とりあえず、説明会に行ってきます。
 思いついたときがやるべき時よね。
ファイト!です。

書きたいと思ってること

がたまってきてます。「時間が出来たら」と思ってたけど
時間は出来ない。時間は作るものですね、やっぱり。
少々睡眠時間を削ればすむことなのに(最近寝すぎ・・・)
どうも身体が動かなくて。
 
 今週こそ、気合入れてがんばるぞ!

男って・・・

PART2です。というか、PART5ぐらいまで書けそう。

 一緒に買い物に行った先でのこと。私がレジカウンターに商品を並べていて最後の一つ、ダンナが選んだ「重いもの」がカートに残りました。
そしたら、うちの夫ときたら「あれ、これも・・・」って口だけ出す。
思わずにらみました。「アンタがのせろよ!」顔に書かれていたようです。自分で載せてました。

 帰宅後、がんばって組み立てていた模様です。
でも、商品の入っていたダンボールはそのまま廊下に放置してありました。彼にとっては「自然に片付くもの」なのでしょうね。
でも、明日、仕事にでるのは私だけです。ほっとくつもり。

 夕食は回転寿司に行こうかと話していたのだけれども、部活で疲れきった娘がお昼寝から目を覚まさないので取りやめに。いい年してうちの夫は切れ気味でした。「好きなだけ寝てれば!」って子どもに向かって何さそれ!この土日、ただゴロゴロ休息してるたのは夫だけです。普段、忙しく働いているのだから当たり前?
でも、娘は連日朝6時集合で1日お出かけしてたのです。私はそれに間に合うように弁当作って送迎して。だいたい、外食が取りやめになっても、夕食を作るのは私だし。

 娘の様子がおかしかったのには、やはりそれなりの理由があり、ま、男親に中学生の女の子の気持ちを察するのは無理とは思ったけれど、あまりに無神経な態度は勘弁です。

まだまだ、使えないネタは多々あるけど、思い出すと余計腹立つからやめておこう。私も少々お疲れ気味です。

美容院へ

行ってきました。

 新しく出来たところで、私の愛用している「ヘナ染め」をしてくれると聞いたので。

 予約はしてなかったので、朝一番で店内へ。
入った瞬間「ウッ」と思いました。スタップ若い!若すぎ!
何だか私、場違いかも。。。

 と思いながらカットアンド染めをしてもらいました。
新しいだけあって、スタッフの手際もいまいち。
シャンプーの兄ちゃんは明らかに超初心者。
カットのお姉ちゃんはスタッフの中では二番手ぐらいの貫禄はありましたが、どう見ても20代。いっしょうけんめい世間話をしようとしてくれるのですが、実は私、美容院でしゃべるのが嫌いなの。初対面の人との会話って疲れるし。

 そのうち、お姉さんも気がついたとみえて「雑誌おもちしますね」とファッション誌を持ってきてくれました。でも、用意してある雑誌の対象年齢が明らかに私の年代とは違うし~~。

 カットも時間がかかるし、染めものんびりだし、ブローの時にはつい、うとうとしてしまったぐらいのスローペースな状態で、思ったより、時間がかかってしまいましたが、別に急いでもなかったので、それも優雅な時間かと。
 手際の悪さをカバーする「一生懸命」な気持ちが伝わってきたことで、こちらも寛大な気持ちになれたのかもしれません。若いって得よね。

 実はわが市の美容室、過当競争状態です。
ここは生き残れるか否か・・・。商売ってきびしいですね。

男って・・・

使えない!って思うこと、ありませんか。

今日の午後、私は出かけてました。突然ふってきた大雨。
家にはダンナがいたので、洗濯物は取り込んでくれただろうと安心していたのですが・・・。

 取り込んでくれてました。ただ、まだ乾いていない洗濯物をソファーの上に山積みにしておくのはやめてほしい。
 
 取り込んでくれたことだけをありがたく思って、文句言っちゃいけないのでしょうね、こういう場合。

あーあ、くたびれた。。。

休日だー

今週、長かったです。日曜の試験でくたくたになっちゃったので、
お休みが待ち遠しかったです。

 とりあえず、勉強から少しはなれて、あれ気味の庭の手入れなどするつもり。花の写真も撮ってないので、HPもほったらかしだしなあ。
 
そうは言いながら、次の資格について考えています。
職場の人に「何かお勧めは?」と聞いたら
「危険物取り扱い者あたりもおもしろいですよ」って。
危険物???と思いましたが、全然知らない分野のものもおもしろいかもね。息子が何故かテキストを持っていたのでパラパラめくってみたらさほど難しそうでもないので、挑戦してみるつもりです。でも試験は10月なので、まだ勉強するには早すぎ。その前に「ビジネスコンピューティング3級」を受けちゃおうかな。ってこれから勉強するんだけど。
こちらの試験は9月です。気が変らないうちに申し込みしてこなくちゃ。

試験終了

終わった~です。さすがに疲れた。
2級3級、同時受験をしたので1日がかりの試験はさすがにきつかった。
集中力の衰えを感じてしまいました。

 さて、結果は???
多分3級は大丈夫・・・のはず。
2級は微妙です。けっこう間違えちゃったな。70%正解ならOKなのですが、非常に危険な感じです。だめだったらまた、秋に受ければいいんだけどね。

 さあ、次は何に挑戦しようかしら。
立派な資格フェチになりつつある私です。

試験前日

さすがに真面目に勉強してます。
家だと気が散るし、すぐに眠ってしまうので、午前中、図書館へ行ってきました。
ところがです!つい見つけてしまった「不用な本差し上げます」コーナー。
この手のもの、無視できないのよね。

 暮らしの○帳、おもしろそうな単行本、時間つぶしにぴったりの新書版など、あわせて10冊以上、もらってきてしまいました。
 ものを減らそうとしながら、どうしても増やしてしまうこの性格。

現実逃避はこのくらいにして、昼食後、また、勉強します。
今度は喫茶店にでもいこうかしら。

参観日

昨日は参観日でした。
といっても、中学ともなると、親も気合が入らない。
娘は来なくていいというし、一時間しっかりみるのは疲れるので、友人たちとランチしてから学校へ。

 新しく出来た「ベーカリーテラス・ポアン」のバスタランチ
976円なりをいただきました。
 サラダとパン2種、ツナとトマトのパスタ、コーヒー。
なかなか美味しかったです。

 学校に着いたのは授業終了10分前で、「理科」の授業と聞いていたので理科室に向かいましたが、第一理科室・・・何だか違う、どうやら別の学年みたい。
 第二理科室、ここも、知っているお母さんの顔が全然ない。多分違う・・・・えーーー。じゃどこ???

いったん昇降口まで戻って、学校見取り図を眺めて、第3理科室を発見。やっと娘の授業場所にたどり着いたのでした。

 中学とはそんなところです。学校へ行く機会も少ないので、こどもたちの顔も、お母さんたちの顔もなじみがない。学年が変ってクラス替えがあったので、なおさらです。
先生も担任以外は良くわからない。しっかり役員でもやれば違うだろうけど、PTAも小学校に比べれば楽なもので。

 これが高校となるともっと親は関わらなくなります。
昨日友人に「で、高校の担任は誰?」と聞かれて、答えられませんでした。「おいおい、担任の名前ぐらい覚えてときなよ」とあきれられちゃった。だって、高校っていくことないんだもの。
 でも、7月下旬には恐怖の個別懇談・・・。それまでには先生の名前をおぼえておこう。

情報に

振り回されるのは勘弁!

昨日の毎日新聞のあるコラムにこんなことが書かれていました。
少年事件に絡んで「どう育てたら自立し、判断力を備えた人間になってくれるかと考える」そして紹介されていたのは
伊藤進・北海道教育大教授の「ほめるな」(講談社現代新書)。
そこには今日本中にはびこっている「褒める教育」が「こどもたちに最も大事な自立する力を育てず、指示待ち人間を作り出しかねない」とあるそうな。
 おもしろそうなので、探してきて読もうと思います。

 私が幼児の子育てに四苦八苦していたころはまさしく「褒めて育てる」「子供を叱らない」育児が流行でした。叱ることは子供の自主性の芽をつむことであり、とにかく良いところを探して見つけて褒めて自信を持たせる。そうすれば、こどもはまっすぐに育つ。そんな育児論がふつうだった様にもいます。
「なるほど」とは思いつつ、短気で人間の出来てない私はそんな、神様にような母を演じることは「無理」と判断し、理想どおり(当時の)の子育てをしようとは思いませんでした。

 そして今、「なんだ、それでもよかったんじゃん」

教育論を語る人は様々で、どれが正解ということはないのだけど、悩める母は、そのとき流行の理論に飛びつきます。自分に合わないと、自分を責める傾向すらある。でも、その流行も時代とともに変っていく。こうすればOKと信じていたのに「やっぱりそれは間違いだったね~」なんて言われても子育てをやり直すわけにはいかない。
 
 巷にあふれる情報をすべて鵜呑みにしていたら、とんでもないことになってしまう。情報は情報として受け止めて、判断するのはあくまでも自分であり、使い方を間違ったら、その責任は自分で取るしかないのですよ。流行の「自己責任」。

 決断するのは自分。他人のせいにしてはいけない。
そう肝に銘じて、生きていかなくちゃね。

しかし、ちょっと愚痴モード。
こどもは母親が育てろといわれ、家庭に戻ってどっぷり子育て。
子どもがある程度大きくなると、家計を助けるために「家庭と子育ての両立」ができる程度のパート仕事に就き、自分自身の勉強やキャリアなど考えることもなく年を取り、そして子どもが親の手よりも「経済力」を必要とする年頃になったら、「ちゃんと稼げる仕事」に就きたくなり、が、キャリア不足と年齢制限の壁にぶちあたり・・・。そうこうしているうちに「介護」の文字がのしかかる。

 「都合の良い女」ってこういうことを言うんじゃないかしらなんて思うのでした。

 

眠い~

寝てばかりいます。
早ね、遅起き。
日曜日の今日、2回も昼寝をしてしまいました。
勉強関係の本を開くと、即、眠れてしまうのです。
困った、困った。

 来週試験なんです。おいおい、間に合うのか???
しばらく、パソ関係は自粛モード。
サテ、こんなことしてないで、勉強しなくちゃ。
あーあ、記憶力と集中力、根性の低下を感じるこの頃です。
 

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。