そこなしバケツに向かって何を叫ぶ???

言い捨て御免のつぶやき日記です。聞き流してやってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つずつ

6月末日までに提出すべき某認定資格の課題をようやく終えて、昨日、郵送しました。これで一つ片付いた。
 やるべきことが多すぎると、気持ちばかりあせって、実際の仕事は進まなくなってしまうたちなのですが、やはり物事は、一つ一つよね。
 一つ片付けてから、次のことに取り掛かる。
ただ、その優先順位をどうつけるかが問題なのですが。

たとえば、今はパソコンに向かわずに勉強すべきかもしれない。
でも、庭が草だらけになっている。二階の散らかりぶりはまるで泥棒が入ったかのようだ。さて、どこからはじめましょう。

 悩む~。
スポンサーサイト

マジですか???

帰宅後、冷蔵庫を覗いたら、見覚えのないコンビニの袋が入っていました。息子に聞いたら買ってきたのはうちの娘だそうな。
中身はというと、ポッ○ーとハー○ンダッツのアイスクリーム。

 冷蔵庫です。冷凍室ではなく。何故にアイスが冷蔵室においてあるのか。

確認しようにも本人は塾へ出かけて留守でした。
息子曰く「アイスが溶けるの、知らないんじゃない?」

まさか~~忙しがってて間違えただけだよね。
と思って、塾から帰ってきた娘に確認。

「えー、なんで、冷蔵庫に入れておいたのにとけるの???」

アンタ、中二の今まで、それを知らずに生きていたわけ。。。
じゃ、お母さんが冷凍庫にアイスをしまっているのは何のためだと思ってたの? しまっているのはお母さんだけど、取り出してはせっせと食べているのはアンタでしょ。

 親として、こんな基本的なことを教えていなかったとは・・・ぐわーーーーんです。

教えました。冷蔵庫は5度から10度程度。
冷凍庫はマイナス10以下には冷えるはず。
そして、氷は0度を越すと融けるものであり、アイスも冷凍食品も凍っているのが普通の状態であり、それを越すと融けてぐちゃぐちゃになるんだよ~。

「へえええ、知らなかった」と娘はにこやかに笑っていました。
ああああ~。

子育てってつかれることなのね。



 

ミュージカルバトン

なるものがはやっているそうな。
私のところにも回ってきたので、別のブログに書きました。
http://bakusdream.exblog.jp/
です。

 さて、他の皆さんはどんなことを書いてるのかなとブログめぐり。○○さんのところから、○○さんのところへ、そして、その方が紹介している○○さんのところへ・・・。
ネットは確かにエンドレスで続いているものだと実感。
 「これって幸福の手紙に似てないですか~」なんて感想もあり、そういえばそうかなと。でも、これをしなければ不幸になるとか何とか条件がついているわけでなく、書く、書かないは個人の判断だから、自己責任でOKでしょう。
 一つのテーマについて不特定多数の人が語るということは、かつてはまったMLに通じるところがあるかもなんて思ったり。

 掲示板もブログも、自分から訪問しないと読めない(当たり前ですが)から時間がかかるし、感覚の会う人がいるかもしれないのに、かする事もなくすれ違ってしまう可能性の方が高いわけで、ある一つの意見が一気に配信されてしまうあのMLというシステムはやはり、すごかったと思ったのでした。というか、無精者の私にはありがたいシステムでした。

 そして、あちこちのブログを眺めて思ったのは
「あら、わりと同世代の人が多いかも」
紹介されてる曲がやたらなつかしかったりするのですね。ユーミン、松山千春、かぐや姫、松田聖子、太田ひろみなどなど。
 「嵐」とか「モーニング娘」とかはみあたらないし。

 ということは、ネットは性別も年齢も関係ないといいながら、無意識に似たもの同士が集まってグループ形成されているのでしょうか。文章だけなのに、年や性格は隠しようもない?
 そういえばうちの娘のメールの文章、私にはほとんど意味不明です。多分あの手の文章のブログを見ても絶対反応しないと思うし、年齢詐称しようと思っても、あの文章のマネは絶対出来ない!

人間の感じる居心地のよさってやはり「自分と似ていること」なのかななんて、思ったのでした。


 

真夏日でした

朝からよいお天気、気温はぐんぐん上がって最高気温は32度。真夏を突然迎えてしまった感じの一日でした。
 この暑い日によりによって午前中の休日出勤。仕事内容は
「ひまわりの植え付け」と「ボロベンチのペンキ塗り」。

これは私が言い出したことなので、誰にも文句は言えません。
というより、私の思いつきに付き合ってくださった職場の先輩方に「感謝!」です。

 でも、マジで暑かった。帰宅後、使い物になりませんでした。
そういえば私は暑いの苦手だったんだ~といまさらながら気がついた。
 
 この陽気は一週間ほど続くとか。梅雨はどこへ???
今年の夏は水不足が心配です。

 

蒸し暑いです。

梅雨だというのに朝からよいお天気でした。気温はどんどん上がり、湿度もめいっぱい高そうだった今日、めッちゃ、疲れました。暑いだけで、人間体力消耗するものですね。
 ああー、ビールが飲みたい!と思うのに、娘の塾のお迎えが終わるまでは飲めない! 悲しい・・・。

酒飲みのくだらないボヤキでございました。

久々に

頭を使いました。

 昨日の午後、ある講演会に参加してきたのです。全三時間の講演で、相当に専門的な話でしたので、理解するために、普段使っていない脳細胞をフル稼働させたように感じます。
 そして、終了30分前ぐらいにふと「おなかすいた~」と思いました。頭を使うのは有酸素運動なのですってね。そういえば、学生時代、試験の最中におなかがぐーぐーなって、こまったっけ。ということは、やせるためにはせっせと頭を使えばいい?

がんばらなくちゃ~。

疲れた~

小テスト、終了しました。かなり緊張はしましたが、時間的には10分ほど、あっさり終わって、先輩方からいただいた講評も、歯に衣着せぬものではありましたが、出来ないことを批難したり、きつい物言いをする方たちではないので、素直に「勉強になりました」と感謝できるものでした。
 
 実はそのテスト前に職場の若い子から「けっこうきついことを言われるからへこまないで下さい」と脅かされていたのです。でも、私は内心思ってました。「おばさんはそんなに簡単にへこまないわよ」。そして、その通りでした。
 多分、おばさんと若い子とでは、同じことを言われても、受けとり方が違うのでしょう。今の私は心臓に毛どころか、針金が生えてるかもしれない。それが年をとるってことなのね。。。フーー。

 それよりショックだったのは、やはり花関係。梅雨の合間のよいお天気となった今日、出社したら、プランターがすべて日陰にしまわれていました。「日に焼けちゃうよ」としまうように指示した方がいたそうな。日向向き、乾燥を好む花しか植えてないのに、それってさ・・・。

 やはり、舟が山に登ってしまうかもしれません。

明日は小テスト

なんて、まるで学生時代のようですが。

職場で「技術」の確認のためのテストがあるのです。
課題は既に決まっていて、4人の試験官の前でその課題をこなしてみせなければなりません。試験官は職場のベテラン陣。

 ま、いいんです。私は年は食ってるけど一番の新人だから、出来なくてもさほど、批難は浴びないですみそうだし。
でも、「テスト」という言葉、いくつになっても緊張するなあ。

換気扇の

掃除、してもらっちゃいました。

 先日、知り合いが某掃除用品レンタルの営業に回ってきまして、そこで「モップはいらないけど、換気扇カバーなら考えてもいい」と答えたところ、「じゃ、2ヶ月お試しで」という話になったのです。
 換気扇カバーをつけるにあたって
「軽くお掃除もしてあげるよ~」とのことで
うわーー、超ラッキー! と遠慮なくお願いすることにしました。

 さすがは掃除のプロ。2人であっという間に我が家の汚い換気扇がピカピカに。
 彼女らが使っていた洗剤を見ながら「それって良く落ちるの?」などと口だけ出していた私に「うん、落ちるよ、余ったの置いていくから使ってみてね」と洗剤までいただいてしまって。

 お試しだけではすみませんね、絶対。
でも、掃除嫌いな私にとって定期的にカバーの取替えをしてくれるというのはすごい魅力。多分、このまま頼むことになると思います。これって主婦として怠慢?
家事しない分、やはりもっと真面目に働かなくちゃいけないかしら。

良く遊び・・・

今日は仕事を休んで友人たちと「ランチ」です。
我ながらなんてお気楽な。
 でも、最近一日の仕事時間が増え気味だから、調節しなくちゃいけないんだもの。パートとして安い労働力を提供している身分としては、働く時は働きけれど、休むべき時は休む!
そうしないと健康(肉体的、精神的)に良くないと思うのです。

 とかなんとか言って、先週水曜日には1日園芸お買い物三昧、土曜日には友人たちと飲み会、日曜日は家族でバーベキュー。そして、今日はランチと遊んでばかりの私。

 でも、仕事方面も定時に帰れることはまずないといえるほど働いているわけだし、仕事関連の勉強会、自分の資格取得のための勉強も、あれこれしているわけで
「良く学び、良く働き、良く遊び」を実践していると自分的には思っております。ただ、バランス的には「学び」の辺がちょっとへこんでるのが問題かな。あと「働く」の部分の「家事活動」が底におちてるかも。

 ま、いいさ。さてと、何を着ていこうかな~。

ちょっぴり愚痴モード

職場花壇の話の続き。
今日、出社したら、ひまわりの苗が20本ほど届いてました。
おまけに名前のわからない花苗がいくつか。
 これに関しては、前に「あげるね~」という話をきいておりましたので、心の準備はできていましたが、
問題はその隣りにさり気なくおいてあったスーパーのレジ袋にいれられた正体不明の苗、数十本。

 誰が持ち込んだものなのかもわからないし、植えていいものかどうしたものか。だいたい、今日はもう時間がないし、明日は私は休みだよーん・・・と、そのまま放置して帰ってきてしまいました。

 今まで花作りしてなかった土地で一から庭造りしてるのです。
苗を植えるにはまず「開墾」から始めなくてはいけないのに、そんなにあっさり「植えて~~」って言わないでくれ!!!

ったくなあ・・・。

虹彩雲

昨日PM1時過ぎ。
南西の空にこんなきれいな雲がでてました。
虹彩雲というそうな。

 雲なので風の流れに沿って姿を変えていく様子も美しく
家族皆で、しばし見とれていたのでした。niji.jpg

この子は誰でしょう

 我が家の庭で、謎のバラが咲いています。
昨年、つるアイスバーグの株の横からひょろひょろとした
シュートが伸びていました。「これ何?」と思いながら様子を見ていたのですが、昨年は結局花芽がつかずにおしまい。
 今年もまた、ヒョロヒョロ伸びて、蕾が一つだけつき、昨日開花。一重の淡いピンクの花が咲きました。

 ノバラかなと思っていたけど、それにしては樹が弱々しいし、房咲きにならないし。まだ、株が小さいからかなあ。
この謎のバラ、何者なのかおわかりの方、ぃらっしゃいましたら教えてくださいませ。

20050612093200.jpg


サンダル

 先日、どうしても欲しくて買った、シルバーのサンダル。
昼間はいて出かけて、玄関出しっぱなしにしていたら、帰宅した夫が言いました。
「玄関の派手なサンダル、ネコちゃん(娘のことです)の?」

私のですけど・・・。

それを聞いてどれどれと眺めにきた娘、みるなり
「なに~、これ、お母さん、不倫?」

おい、派手めのサンダルはいただけで、それはないでしょ。
重ねて、「これはいてるときは、隣り歩かないから」。

夫が言うには
「だってああいうのって、若い子が良く履いてるもん」ですって。おばさんはサンダル、はいちゃいけないの~~?

こんなことぐらいではめげません。目指せ、若作り。
で、問題のサンダルはこれです。そんなに派手じゃないのにな。

sandal.jpg



名刺、もってますか?

昨日は仕事関係の勉強会に行ってきました。
テーマは「高齢者のメイクアップ」。

しわに効くマッサージのやり方、ファンデーションの塗り方など、自分にすぐに使えることを教えてもらえてラッキー!
早速顔マッサージ、始めようっと。

 とこれは、おいといて。
勉強会でしたので、講師の先生とは別に、主催者側のミニ講演もありました。この、ミニ講演、毎回なかなかおもしろいのですが、今回はまずはじめに「まず立ち上がって、この会場の中の人、三人と握手をして、名前を聞いてから席に戻ってきてください」

 それーーーっという感じの混乱の中、何とか三人と握手して名前を覚えて着席。
 その後、講演者曰く「三人の名前を言える人は手を挙げて」
「名刺の交換をした人は手を挙げて」

名前を覚えている人はたくさんいましたが、名刺の交換に関して手を上げた人はほぼ、いませんでした。
 と、講演者続けて言うのに「どうして交換しないのかな、この勉強会は内容も大切ですが、ここで、友人をつくって、情報交換をすること、ネットワークをつくりあげる事も大切だと思うんですよ。」

 おっしゃるとおり。でも、多分、その場にいた多くの人が思ったはずです。「名刺なんか持ってないし」
 講演者もどうやらその雰囲気に気づいたようで、
「いや、名刺を作れとは言いませんが、次回からは最低2人の友人を作るよう努力してください」と話をしめました。

 私はいまだかつて、職場で名刺を作ってもらった経験がありません。若いころは一般事務員だったし、主婦パートとして働いていて、名刺が必要な場面は今のところまったくなし。
 そして思いました。どんな場合に名刺が必要になるのだろう?
名刺を作ってもらえるということが、社会人として認められたという証明なのだろうか。

夫は当然持ってます。会社員だし、あちこちの場面で必要なのは間違いない。でも、会社って、入社と同時に名刺作成してくれるものなのかな。営業マンなら無しで仕事は出来ないでしょうが、事務系だったらさほど、必要とは思えない。うーーー、これは跡で夫に確認。

保護者として先生から名刺をもらった経験がなかったので、元教師の父に聞いてみたところ「名刺を持つようになったのは教頭になってからかなあ」とのことでした。(ただ、これは昔の話なので、今の先生がどの時点で作るかは不明)
 やはり、対外的な仕事がふえると「名刺」が必要になるからとのことでした。

 さて、私のいる介護業界、一体どの程度の人が名刺を持っているのだろう。まずは、明日職場で確認してみるつもりです。

 
 

まったくうちのこどもたちは

昨夜の話。娘は深夜1時から始まるサッカーの試合を見るといって早くから寝ようとしてました。中学生が何も夜中にそんなもの見なくてもと母親的には思うのですが、スポーツオタクの娘、言うことを聞かない。その上「今から寝るから1時におこして」って、何故、お母さんがお前を起こすだけのために夜中の1時まで起きていなくてはいけない?

すごく眠かった私は最近、夜更かしの兄ちゃんに頼みました。
そしたら「えーー、僕も今夜は早く寝るよ、明日は模試だし」。
 明日、模試???
だったらなぜそこでテレビを見ながらゲラゲラ笑ってるのよ、アンタ。帰宅してからずっとリビングでくつろいでるよね、どうみても。

 ああ、もうすきにしてくれ、二人とも・・・です、

キュウリの双葉はとったほうがいいのかな?

職場のミニ菜園の話。

ある人が植えたばかりのキュウリの苗について「いまいち元気ないよね」という話をしたら、別の人が「これってとったほうがいいんだよ」と双葉をキレイに取ってくれたそうな。
 まだ、青々している双葉を何枚も手のひらにのせてきたのを見て皆、目がテンになったそうな。

 私も野菜関係にはうといので、それはいけないとは言い切れないのですが、まだ青い双葉を無理にとらなくったって・・・と思うのは素人考えなのでしょうか。菜園は私の担当区域ではないので、余計なことはいえませんが、「すみません、花壇部分には手を触れないで下さい」と言いたかった。
 

 「船頭多くして船、山に上る」なんていいますが、「園丁多くして庭あれる」なんてのもありかも。


 

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。