そこなしバケツに向かって何を叫ぶ???

言い捨て御免のつぶやき日記です。聞き流してやってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然夏?

今週木曜日から、突然、夏日が続いている。まだ、4月下旬だというのに、オイオイだ。
 日中は半そででOKな暑さ、庭仕事も10時を過ぎると頭クラクラ、立ちくらみがしてくる。やることはいっぱいなのに、仕事がすすまない・・・。

 そして、ふと、思いだした。この暑さは一時的なもの。5月半ば過ぎになって急に寒さが戻ったり、梅雨時期にはこたつが恋しくなるのが、信州の5,6月だった。ということは、今のうちに「種まき」をしなくては!

ウウウ、ますます忙しい。

 
スポンサーサイト

間抜けな1日

今日は午前中に、各種振込み、買い物を一気に済ませてしまおうと、朝から自分的には張り切っていました。
 まずは近くの郵便局にて通販で購入したものの代金振込み。
そこで気づきました。不在配達郵便物を取りに中央郵便局まで行くんだった。
そこでいっしょに振込み処理すればよかったのにと思いつつ、領収書をクリアケースにしまって移動。

 中央郵便局で無事、郵便物を受けとり、次は地元商工会議所へ。「福祉住環境コーディネーターの受験申し込みをしたいのですが」といったら「あ、インターネットかお電話でお願いします」とパンフレットを渡されました。
なんだ、わざわざ来ることなかったんじゃないの。

 次は実家へ生協の箱を届けにより、そのあとユニクロへ。
今まではいていたブルージーンズ、ダイエット効果により、サイズが合わなくなったので新しいものを購入したくて。
 そしたら、まだ開店前。ユニクロの開店時間って11時なのですね。それでは仕事に間に合わない。
 
 仕方なく、今度は某大型店へ。目当ては100円ショップの結束用ビニタイだったのに、おいてない。去年はあったのになあ。
また、別の店で探さなくては。
 でも、ここの花屋でクレマチス「アリア」の開花終了株を500円で購入できました。ラッキー。
 その他、娘のパジャマなどをお買い物。

 そして帰宅。さっさと昼食を食べて仕事に行かなくちゃと
荷物を片付けていて、ふと、気づきました。
 領収書を入れておいたクリアケースがない!
車の中に置き忘れたのかと思ったけど、車の中にもない、どこにもない・・・。自分ち関係のものだけならそんなにあせらなかったのですが、仕事関係のお買い物のレシートが入ってまして、それがないと、立て替え金の請求ができないじゃん!

自分のその日の行動を振り返り、置き忘れたとしたら中央郵便局だと思いました。TELしたのですが、ずっと話中。
時間も押し迫ってきたので、自分で行った方が早いやと、普段より早く家を出て、郵便局によりました。
「あのーー、カウンターにファイル置き忘れたような・・・」と局員さんに話したら「あーーー、○○さんですね」と即、封筒を取り出してくれました。郵便局扱いの振込み領収書が入っていたので、その住所あて、速達で送る手配をしてくださっていたのです。
 無事見つかったことと、親切な局員さんに心から感謝しながら、職場に向かいました。こんな日はきっとドジするから注意しようと心に誓いつつ。

 職場ではたいしたドジはしませんでした。動くたびに自分があちこちにぶつかってしまって痛かった程度。あ、でも、失言したかも。
 上司に資格取得の件について相談していて、相手が「ここの次の職場を考える時、どの程度役に立つか、気になるよね」と言うので、つい「そうなんですよね」って言ってしまいました。
いや、だって、今の職場に骨をうずめるほどの覚悟はできてないもの。しがないパート職員だし。
ハハハ、我ながら、いい年してウソのつけない間抜け者。

そんな一日もそろそろおわり。大怪我もなくすんだからまあ、よしとしておこう。

明日はもっと賢く生きられる日であって欲しいです。

 

大会

娘は昨日卓球の大会で1日出かけてました。
7時集合、帰宅時間未定。

 いつ帰ってくるのかなあと思っていたら夜になってTEL。

「お母さん、今から帰ってもいい?」
ハア?そりゃ帰ってきてもらわなくては困るけど。
「じゃ、○時○分に駅まで迎えに来てね」

ハイハイと電話を受けたあと、同じ部活の子を持つお母さんとTELにて情報交換。
 すると、うちの娘とそのうちの娘の言ってる事が違ってる。
それによるとうちの娘のほうが一時間以上早く帰ってきてしまうんだけど。

二人で悩みました。相手のお母さんは「先生に確認したけど、まだ、決勝戦が終わってなくて、こどもだけで帰す訳にも行かないから遅くなるってさ」
「でも、うちの子、はっきり時間指定までしてきたんだよね。」
「なんでだろう?うーーん」

卓球は個人競技なので、早くに負けてしまった子は用はないのですが、やはりチームなので、勝ち残っているメンバーがいれば表彰式まで全部出ないとかえってこれないのです。

 悩みながらも娘の指定時間に駅に行きました。そしたら、ちゃんと乗っていました。女の子だけ、3人で。
 あっけにとられて、「子どもだけで帰ってきたの?」と聞いたら
「うん、先生、帰りたい人は帰ってもいいっていったから」

がんばっている人がいるのだから最後まで皆で一緒に残らなくちゃとか、がんはって応援しなくてはなんて、思いもしないこの様子。なんという協調性のなさ、他人の視線をものともしない図太いマイペースぶり。さすがは私の娘です。

でも、ちょっと感心しました。 
田舎のこととて、普段は電車になど乗らない子達が
会場から私鉄に乗って信濃鉄道に乗り換えて、最寄り駅から今度はJRに乗り換えての帰宅です。そして到着時刻は夜の9時。
けっこうたくましいものなのね。

チームワークとか騒ぐことにあまり興味のない私は
「ちゃんと帰ってきて偉かったね」と誉めておきましたが、例の張り切りオヤジの見解は違うだろうね。
 先生はどう考えてたのか・・・。次回、学校へ行った時、確認しておかなくては。

霜予報

金曜日の夕方、帰宅して車から降りたとたん「寒い」と思いました。この風の冷たさ、明日は霜だ!と直感。
 寒さに弱い鉢物を玄関のなかに避難させ、避難できないものにはカバーをかぶせました。

 そして、土曜の朝、車の窓はガリガリに凍って、庭は霜で真っ白。多分、薄氷が張るぐらいまで冷え込んでいたと思います。

 土曜の夕方、たまたま車の中でラジオの天気予報を聞きました。「佐久市の明日の予想最低気温はマイナス3度です」
あらーー、またかよと思いながら、車を降りると
「アレッ、そんなに寒くないけどなあ・・・」

 でも、天気予報で言ってたことだしと、前日同様、鉢はすべて避難。そして日曜日の朝、霜は降りませんでした。曇ったおかげで、放射冷却がおきずに、気温が下がらなかった様子です。

なーんだ、天気予報より、私のカンの方が正確じゃないの。

何故か私の「霜」の予報は当るのです。
園芸に親しんでからその方面のカンがさえてきたのか
それとも、これが俗に言う「年の功」ってヤツなのか。
 その時肌に感じる風の温度や、雲の広がり具合。そんなことから自然と判断できるようになったのかもしれません。
○○年以上も生きてるわけだし。

 さて、今日、日曜日の夕方、風は強かったけれど、私の予想では「霜はなし」です。予想最低気温は3度だから、降りるか降りないか微妙なところ。明朝の庭の様子はどんなかな。

忙しい日が続いています

突然の暖かさで桜も一気に咲いて、例年以上に花が咲き競う今年の春。梅もレンギョウ、コブシに桜、ヒヤシンス、チューリップ、水仙。。。
 あっちを向いてもこっちを向いても花だらけのこの頃です。

となると、とたんに体が動き出す。
園芸に掛ける時間が長くなると当然、他に向かう時間が少なくなるわけで、あっちもこっちも間に合わない状態に。。。

 中でも一番手を抜いてしまっているのが「食事の用意」。
最近、帰宅が6時を回ることが多いので、手の込んだものは
とてもじゃないけど。作れません。

 これではいかんと日曜日、久しぶりに「マカロニサラダ」を
作りました。これ、けっこう時間がかかります。
マカロニ、玉子、じゃが芋をゆでて、野菜を切って入れて混ぜて
などなど、たいしたことはない料理だけど、手間がかかる。

 そしたら、すごい売れ行きでした。
食事開始前からおやつ代わりに食べだした娘。
ご飯前になくなると心配する夫。
たっぷり作ったので、足りなくなることはなかったけれど
次の日の朝食でほぼ終了。
 ちょこっと残ったサラダは私がお昼に食べました。

そしたら帰宅した娘
「昨日のサラダ、もうないの?
返ってきてから食べようと思ってたのに」と不満顔。
「あんなにあったのに」・・・って一番食べたのはあなたです。

そして思いました。
やはり家族って母の手のかかり具合には敏感なのかなと。
お肉だけ焼いて出す的なものは派手だけれども
どこか足りないものがあるのかもしれません。

 休みの日ぐらいはちゃんと料理しなくちゃなと
少々反省モードの私なのでした。


 

腰痛

だいぶ良くなってきたのですが、手の痺れが気になって、整形外科に行きました。腰と首のレントゲンをとってもらい、診察。

結果は椎間板と頚椎のある部分の骨の間が狭くなってきたことによる、神経の痛みとのことで、先生曰く
「大まかに言えば老化ですわ、ハハハ」

明るく元気な先生です。

たいしたこともないので、炎症止めと、筋肉のコリをほぐすお薬をいただいて帰って来ました。ひどくなるようなら、リハビリも考えるという方向で。

 年ばかりはどうにもならないよね。。。

そろそろ春のお遊び計画練らなくちゃ。

花壇の改造のハード部分は終了。これから苗の植え付けにかかります。大改造の結果、空いてる場所が嬉しいぐらいに増えたので、たっぷり植え込みが出来る! さて、どこに何を植えましょうか。

 まずは苗GETよね。
春の園芸お買い物ツアーの計画たてなくちゃ~。

今夜は役員引継ぎ会でした。

引き継ぎ会に行ってきました。これで役員のお仕事は終了です。
ホッ。
 
 せっかく学校まで足を運んだので、娘の部活の顧問の先生をつかまえて、お話をしてきました。土曜日のことは話しませんでしたが、「保護者会」についての先生のご意見を確認したかったので。

 先生は、保護者会については保護者に任せる。特に何かをお願いしたいということはない。子供たちが楽しんで卓球をしてくれれば良いと思っている・・・とのことでした。

 そしてもうひとつ確認。例のお父さんは外部コーチとして、こども達を教える立場にあるのかどうか。
「いえ、単なる一保護者です」

やっぱりね。

 詳しい事情は話しませんでしたが、そのお父さんの思い入れについては先生も重々承知の様子で、だいたいの雰囲気は察してくださったようでした。

 顧問の先生が「卓球命」の姿勢をこどもに求めていないというなら、もう、どこにも遠慮することはないよね。
保護者会はとにかく、親子一丸となって卓球に燃えよう!なんて路線にだけはついて行かない。

 しかし、また、悩み事がふえちゃったよ・・・。

園芸三昧の1日

朝から暖かい日でした。
ということで、1日のほとんどを庭で過ごしました。

 玄関までのアプローチにレンガを敷きつめ、いくつかの植物を植え替え、空いた場所に堆肥を混ぜたり、鉢植えの植え替えをしてみたり。
 思いついたままに仕事を進めていくので、あれもこれもになりますが、まあ、自分のうちのことだからいいかなと。

 日が長くなったので、ふっと気がついたら6時過ぎ。
おっと、夕飯の用意もせねば。
 
 春はホンにいそがしい。

懇親会?

今夜は娘の部活の懇親会(だと私は思った)でした。
親子ペアでのお食事会です。

 幹事・・・というか、企画してくれたのはあるお父さんで、TELでは「2学年になってこれから主力になるこどもたちとのふれあい」とか「保護者の協力」とか、実のところ何を言われているのかわからない電話だったのですが、まあ、2学年の親子が集まっておしゃべりして親睦を深めようということだろうと、深く考えずに出席することに。

 ところが、そのお父さんの思いは予想外に深く熱いものでした。最初の挨拶は「保護者と子どもが一丸となってこの部を強く、素晴らしいものにしなくては」とか、「卓球の技術や素晴らしさについて語り合おう」とか、つまり、きちんとした保護者会を結成して、試合についていったり、こどもたちの世話をしようといいたいらしくて。

 残念ながら、こういうことは保護者一人でいきなり決められることではありません。いきなり集められて個人的な思いを語られてもなあ・・・とちょっと困ったモードのお母さん方。
ところが、この方、男性のせいか場の雰囲気が読めない。

「では次に自己紹介を」と進めたまではよかったのですが、一人一人の自己紹介に長々とコメントを付けるのです。親に対してもこどもに対しても。加えて、こどもには「卓球部に入ったきっかけは」とか「何か他に質問はあるかい」とか。
このペースでは自己紹介だけで2時間はかかるぞーーーっと内心あせりました。そしたら、同じ思いを抱いたらしきお母さんが
「あの、私は親睦会と聞いて来てますし、まずはお互いの顔と名前を覚えるために普通に自己紹介を進めてもらいたいのですが」と発言。
 ところが、このお父さんには通じない。
「いや、人の意見を否定するのではなく」とか「ブレーンストーミングの大切さ」とかまた的はずれのことを、長々と・・・。
二人の議論がだんだんきつくなりかけたので、気の短い私が加勢に入りました。
「かたいお話は後でゆっくりすることにして、今はサラッと自己紹介していただいたらどうでしょうか」
加えて、我ながらきつい発言でしたが
「申し訳ありませんが、そちらのお父さん、顧問の先生というわけでもないですし一人一人の自己紹介にコメントをつけるのはちょっと・・・」

だって、保護者の中の一人というだけで先生でもないし、監督でもない。きちんと「保護者会」を結成しようと呼びかけられたわけでもなく、保護者会長として彼を選出した覚えなどまったくない。なのに、その指導者的態度は何?
と思ったのは私だけではなく、多くのお母さんたちの賛同を得て、あっさりした自己紹介を終えることが出来たのでした。

 その後、母親たちはすっかり意気投合。
食事とおしゃべりを楽しんだのですが、黒一点のお父さん、隅っこでおとなしくしてました。というか、自分がしゃべりまくるつもりだったのに阻止されてショックだったらしい。 

 最後の方では気を取り直して、何人かのお母さん方と会話をはじめ、多少の賛同を示してくれたお母さんを見つけて大喜び。
会を締めるときには「挨拶」と称して再び語り始め、「この会をこれからどう進めたらいいでしょうかね、○○さん」と賛同してくれた人の意見だけを求め、子供たちに「また、集まりたいか」と意見を聞き、「では、新人戦の時に、区切りということでまた、このような会を」と勝手に決定してくれてました。

 はっきりいって困りました。顧問の先生も3年生の保護者も抜きであんなこと、やるべきではなかった。今後の対策に悩んでいます。

そして、帰宅後、娘に言われました。
「○○ちゃんのお母さんとうちのお母さん、ちょっと怖かったし、うちら、困ってたんだけど」
お母さんだって困ってたのよ。でも、筋の通らない話を大人しく聞いていられるほど大人じゃないのよ。

あーあ、またやっちゃったよ。きついお母さんリストに載りましたね。間違いない。




 

今週の月曜日は雪でした。
そして、水曜日には最高気温が25度まで上がり、昼間は半そででうろうろうろ出来るほどの暖かさ。
 3日ほどそんな暖かい日が続いたら、一気に花が開き始めました。梅、もくれん、水仙、コブシ。佐久の春は一気にきます。

 さて、今日の庭仕事は何から手をつけようかしら。

多忙な1日

を過ごしました。

 普段は午後から仕事してる私、今日は8時半に出勤して
職場の花壇作りの下準備をしました。
 なんとなく植えられている宿根草を掘り起こして適当な場所に移動。雑草を捨てて、花壇部分を掘り起こし、苦土石灰をまいて土に混ぜ込み。
 
 書けば簡単ですが、作業を終えたのは11時20分頃でした。
疲れた。

その後軽く昼食をとって12時には職場復帰。

普通に仕事して、仕事後のカンファアンド雑談が長引いて、帰宅したのは6時20分。息子を塾に送って、7時からは娘の学級PTAでの役員決め。
役員は何とか逃れました。よかった。

 ま、こんなスケジュールになるのは予想してたので
昨夜のうちに煮込んでおいたカレーで夕食。
 
 今夜は早く寝ます。おやすみなさいませ。

新学期を迎えて

こどもたちの学校、やっと始まりました。
二人とも2年生、これを充実した2年にするか、中だるみの2年とするかは本人次第ですが、さて、どうなることやら。

 中学は1年から2年にあがるところでクラス替えがあります。
本人、せっかくなじんだクラスが変ることにがっかりしていますが、母もビクビク。だってまた、役員決め~。

 昨年度、役員は済ませたし、もう来ないよねと気楽に考えていたのですが、新しいクラス名簿を眺めて「ウッ」と思いました。
慣例で小学校地区ごとに一人選出の形をとることになっているのですが、娘の出身小学校のメンツを見たら、あらあら、役員体質の人が見事にそろっているではないですか。
 皆が「私は前にやりました」という話になったら、「では公平にくじ引きで」なんて話になりかねない。となると、こと、役員に関してはくじ運のよい私、、、こわいです。

出来ない言い訳、苦手なんですよね、マジで。
最初の学級PTAは7日の夜です。緊張するなあ。

4月の雪

昨日はポカポカ陽気、夕方から降り始めた雨が今朝は雪に変っていました。ああ、もう、信じられない。

 道の雪はほぼとけていますが、庭はまだ雪景色。
雪に囲まれているせいか、気温も上がらず、風も冷たい。
春・・・早く来ておくれ!

新しいブラウス

先日衝動買いしたブラウスです。
あと、三キロやせて、もうちょっと髪が伸びたらそれほどおかしくもなく着られるかなと。しかし、どこへ着ていくんだ???自分。2005.4.1.jpg

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。